第35回鳥海ブルーライン登山マラソン 

を走ってきました。
前から気になっていた大会ですが,サクランボや銀河との日程から
エントリーできずにいた大会です。
今年は銀河を回避し,秋田100キロへの挑戦としたので,同レースの
ステップレースとしては(少し時期が早いですが)最適と思い
また,半月板断裂ランナーとして上りばっかりの膝に負担に少ないレース?
と思ってエントリーをしたところです。

スタートは土曜日の午後1時 山形市からの当日移動でも十二分な余裕があります。
コースは十六羅漢から大平山荘(4合目)までの17キロ ところどころ平っぽいところもありますが
約1000m駆け登るので 当然そこそこの登りです。
参加者は 10キロの部と合わせても 198名 17キロの部は130名位 少ないです
ネットでのエントリーができないことと 独特のコースであることが,この程度の参加者と
なっているのでしょうが,トイレも混まずに最適です。
見ていると仮装ランナーとかうっかりノリでエントリーしたみたいな人はいませんでした。
プログラムを見ると遊佐町からのエントリーは5名だけ 地元の猛者は運営に回っていただいているのか,
おしんレースを控えて自重されているのか,最も参加者が多いのが鶴岡市35名 次いで秋田県29名
あと 最上地区の高校スキー部からの参加も目立ちました。

制限時間は2時間15分。先ずは完走念頭で2時間程度でのゴールを目指してのスタートです。
私のガーミンの具合が悪く,相方さんのエプソンを借りてのレースだったのですが
なんとなく設定が悪かったのか ㌔5分でのペースで私は進んでいることになります。
当然10キロ地点(駒止:標高600m)では11キロをエプソンは表示。
完全に あと何キロだ~ このペースでがんばろ~ という気持ちの整理がつかないまま
エイドに助けられながら 20㌔(エプソン誤表示上)のゴール地点に無事ゴール。
時計の誤表示に悩まされ続けながらのレースでしたが 練習と割り切り
1時間50分位(時計を止めなかったのと完走証後日送付なので詳細不明),50番台で無事ゴール。

ゴール後は大平山荘付近で のんびりできましたし(天気も良かったし)
全員に何か当たる 抽選があったり スタート前の点呼も健康診断も新鮮だったし
大満足です。
歴史のある 小さな大会の 安定感を 実感した一日でした。

この記事へのコメント

マモ助
2016年06月14日 22:06
初めまして。
お疲れ様でした。
実は私も初参戦してました。(同じく17km)
ひのくるま
2016年06月19日 17:35
初めまして。
タフだけど楽しいレースでしたね。
銀河との兼ね合いしだいですが 
いつかまた出たいと思っています。

この記事へのトラックバック